25日から7日間/参加費 99,750お申込み
07

復興コース

東日本大震災から6年以上が経過した今も多くの被災者が厳しい避難所生活をしています。巨大津波により破壊された東北沿岸部を新しい国土としてよみがえらせるには、壮大なエネルギーを要します。今回のツアーでは復興に力を入れている地にて「復興」「リーダーシップ」「地域活性の秘訣」などを学びます。

コースのポイント

DAY1
南三陸見学
南三陸のさんさん商店街など市内復興の様子を見学し、元気な住民との交流を行い一泊する。震災後、仮設商店街が開設し、多くの住民の交流の場・観光施設として利用され復興のシンボルとなった。さんさん商店街の見学とともに、海外の援助による町の重要かつ唯一の医療施設である南三陸町立病院の再建も見学し、現在の南三陸地域の復興についてお話を聞きます。
  • 復興の現状を確認し、現地の住民の自宅に訪ねます。住民と交流しながら、おいしい料理を食べ、住民たちの復興への思いを感じる時間を過ごします。
DAY2
釜石市見学
釜石市の三陸鉄道を訪問。三陸沿岸は数十年に1度津波がくる。そんな現状がありながらも沿岸に沿って走っている三陸鉄道は、インフラ、防災においても大きな役割もある。防災教育電車を通じて学びながら当時のお話を聞きます。
  • 三陸沿岸の被害、復興現状、三陸鉄道の役割、防災意識教育に関して、防災教育電車を通じて鉄道会社の社会的な意義などを学びます。
その後、復興を進んでいる大船渡の町と町を支える最先端の魚市場を見学します。三陸鉄道の防災教育電車の終点である大船渡市は世界三大漁場である「三陸漁場」の好立地。震災後、魚市場を再建、最新のオペレーション技術を取り入れた最先端の魚市場でお話を聞きます。
  • 魚市場の見学も含め、震災復興状況を見学しながら、これからどのような復興を目指すかをヒアリングします。
DAY3
震災遺構の見学
陸前高田の震災遺構:道の駅と小学校、奇跡の一本松を訪れます。震災を、復興の視点からどのように後世に伝え、防災に役立て、どのように復興への力にするかなど、ツアー中に異なる地域を訪問し、陸前高田にて政府・住民の防災対策意識、各地域の災害による被害状況をまとめ、その違いを確認する。
  • 地域による防災対策を理解しながら、災害記憶の伝承の大切さを学びます。
その後、仙台の秋保ワイナリー見学。ブドウ畑やワイナリーを見学しながら、震災が起きてからの復旧・復興への動きなどを学びながら、現時点での施設の問題や課題をテーマにディスカッションを行います。


DAY4
復興シンボルである水族館見学
仙台うみの杜水族館という仙台の復興シンボルである水族館見学。被害地で、2015年に新たな水族館を建設し、津波の被害を受けた東北代表の1つであるマリンピア松島水族館の生体と飼育員の新たな受け入れ先となった施設を訪れます。
  • 館内では東北の沿岸、特に三陸の海の海洋生物が多く展示されており、東北の海洋生態、漁業を知る機会となる。前向きの姿勢と東北の海洋生態や漁業を学びます。
その後、名取市の閖上朝市で朝市の見学。地元名物セリ体験や防災WS(津波の映像と館長の説明)、営業を開始した最初の商業施設として復興してきた場所。震災前後の写真を確認しながらお話を聞きます。
  • 東日本大震災で甚大な被害を受けた沿岸部復興状況を肌で感じ、被害の大きかった漁業が、復興の際に直面した課題に現場で触れる。また、震災後の町つくりへの取り組みについて学びます。
DAY5
新たな地域産業創出への取り組みを知る
亘理町のWatalisにて①オリジナル小物作り②着物のオリジナルデザインを体験。被災地域において、手仕事による商品を企画・販売。高齢者の知恵や縫製技術などを活かすビジネスモデルを見学します。
  • 被災地における新たな地域産業創出への取り組みや、感謝を形にすることなど、形のないものを商品化する考え方を学びます。
その後、大河原町でリフレクションワークを行います。5日間の学びを整理するための時間です。「何を見て」「何を聞き」「何を感じた」「どういう学びとなっているか」などを問いかけ、学びの落とし込みをいたします。
  • 今一度5日間の出来事を振り返り、何が自分にとって印象的な体験・学びであったかを整理することで、学びを具現化します。

◎ 開催日

201825日から7日間

◎ 参加費

お一人様 99,750
※additional fee:×マークの食事費用、お土産代(事後配送物の輸送費含む)、プログラムに含まれない施設に行く場合の諸費用、東京ー宮城間の交通費

◎ 対象

東日本震災がどんなものであったか知りたい
震災から日本はどう復活していったか知りたい

◎ お申込み期限

ツアー実施の3日前まで承ります。

◎ 主催

株式会社イーハトーブ

◎ 行程

前泊
18:00以降前泊@仙台駅周辺ホテル
※Dinner×

1DAY
9:00仙台駅出発→11:00さんさん商店街→昼食→12:00さんさん商店街出発→13:00南三陸病院→14:00被災地訪問→15:00南三陸病院出発→17:00大船渡ゲストハウス(自炊) ※Breakfast×Lunch×Dinner〇

2DAY
9:00大船渡一日周遊(吉浜、綾里、大船渡周辺)※現地ガイド付きで津波が実際にあった場所の視察→17:00ゲストハウス(自炊) ※Breakfast〇Lunch×Dinner〇

3DAY
9:00ゲストハウス(自炊)出発→10:00三陸とれたて市場→12:00三陸とれたて市場出発→12:45昼食@大船渡バーガーショップ→13:30大船渡出発→14:30震災遺構視察(陸前高田)→15:00奇跡の一本松見学→18:00ホテル@仙台 ※Breakfast〇Lunch×Dinner×

◎ 行程

4DAY
9:00ホテル出発→10:00ナチュリノ訪問→12:00ナチュリノ出発→12:30昼食@岩沼市周辺→14:00うみの杜水族館→16:00うみの杜水族館出発→16:45仙台ホテル ※Breakfast×Lunch×Dinner×

5DAY
9:00ホテル出発→10:00WATALIS→12:00WATALIS出発→12:30昼食@亘理町付近→14:00リフレクションワーク→17:00旅館(県南地域) ※Breakfast×Lunch×Dinner〇

後泊 10:00チェックアウト※現地解散 現地解散後の行動は自由 ※Breakfast〇
このページの先頭へ